DJ&VJ&Dancer 

高校生からパパママ世代までの幅広いDJ&パフォーマーが集結。

アニソンやJ-POP系イベントで活躍中のDJが、年代を超えた世界観を作り出します!

DJ 柄猫 a.k.a YASSUN

DJ 柄猫 a.k.a YASSUN 1998年生まれ。現役高校三年生。(3月4日卒業予定)異国情緒あふれる横浜で感性を磨きながら成長。 14才の時にYouTubeでDavid Guettaと運命的な出会いを果たし、DJを志す。EDMが得意なシティボーイの裏の顔は、アニメ好き。 進学先はCG科という将来有望ヲタ。今年でDJ歴5年。

DJ 気まぐれ(A-LOVE)

DJ 気まぐれ(A-LOVE) ヲタ芸をやってる友達に「ヲタ芸を教えて」とその一言から彼のヲタ芸師人生がはじまる。 日清カップヌードルのCM等に出演し、ヲタ芸を職にするために上京。ギニュ〜特戦隊に所属する。 ニコニコ超会議や超パーティー等数々の大きなイベントはもちろんTV,CM等様々なメディアにも出演している。 上京のタイミングで通ったイベントでとあるDJに魅せられ、「プロのヲタ芸師から初のDJ進出」という唯一無二の看板をぶら下げてDJ活動もスタート。 R-lounge渋谷の2フロアをジャックするアニソンクラブイベント「A-LOVE」のレギュラー出演や、「Re:animation9」の3rdフロアDJも掴み取り、冬の宴2016ではメインフロアでソロ出演を果たした彼は、今1番花澤香菜に近い若手DJである。

DJ Madame Jun a.k.a 宮沢純

DJ Madame Jun a.k.a 宮沢純 90年代からのバンド活動を経て2006年よりDJ活動開始。UK ROCK等の硬派なイベントにも携わりつつ、アニソンやJ-POPのDJイベントを多数主催。 フランスのJapan Expo等を中心にベルギー、ドイツ、ロンドンのジャパンイベントでも6年間活動。 過去に主催したイベントは20タイトル以上、約800回。DJ出演数は1000回を超える。 現在は「WOTAKU KiLLER Tunes(ヲタキラ)」を中心に、虎ノ門ヒルズでのカフェDJ、恵比寿のBAR DJ、飲食店の内装プロデュースなどその活動は多岐に渡る。

DJ KENKEN

DJ KENKEN 2006年 サ○ビス残業のウサ晴らしに遊びに行った場所で邦楽DJイベントに初遭遇し、クラブイベントの面白さを知る。 通い詰める内にDJに興味を持ち、2007年より週刊少年ジャンプ楽曲に特化した「ジャンプナイト」の創設メンバーとしてDJ活動を開始。 年間50本以上のイベントにDJとして参加するようになる。ひたすらアンセムを叩き込むDJスタイルを得意とする。 「WOTAKU KiLLER Tunes」のレギュラーDJでもある。

DJ SMAAAASH!!

DJ SMAAAASH!! 2006年、『涼宮ハルヒの憂鬱』に衝撃を受けアニメ鑑賞がライフワークとなる。 2008年、DJ活動を開始。 フル掛け+マイクパフォーマンスのアグレッシブなスタイルと、ワンコーラスでの世界観を追求したテクニカルなスタイルの二刀流を駆使し、独自のエンターテイメントを追求する。 全国のアニソンクラブイベントが集結する「夏の宴」にてメインステージを担当。その一体感あるプレイにフロアが湧いたのは記憶に新しい。 湘南発アニソンクラブイベント「SAGAMI ANIMATION」や「WOTAKU KiLLER Tunes」のレギュラーDJでもある。

DJ PΔ¥JÜN(オタリンピック/Let’s Goアニソンタイム)

DJ PΔ¥JÜN (オタリンピック/Let’s Goアニソンタイム) つねにプレイ中は極上スマイルを絶やさず、 休まない 愚痴らない 考えない いつも感謝 をモットーにルンをピカっと光らせゴリゴリアターック! 覚悟するんよ~!

Dancer 飛行零号機

Dancer 飛行零号機 hip-hop/アニメ/アニソンという成分でできています。 イベント当日はアニソンで踊るダンスバトルにご注目ください!(挑戦者募集中!) 補足 最近、自分の中で木之本桜が可愛いすぎると話題に。

<VJ> Q

<VJ> Q 2006年 小室哲哉楽曲しかかからないイベント「t.k.night」でVJデビュー。 同時期より邦楽VJとして活動開始。 2006年 アニメをまったく見ないのに、アニソンVJとしても活動開始。 国内各地で開催される多くのイベントに呼ばれ年間100本以上のVJ出演。 変態的な動画所有量を誇り、流れる曲のPVを即座に出し、口の動きすら合わせる(リップシンク)技術は唯一無二。 プロデュース協力イベントの「WOTAKU KiLLER Tunes」のレギュラVJでもある。

Dancer Ayato

Dancer Ayato 2004年、深夜帯のセクシー番組に夢中だった13才の少年は、ダンス番組"少年チャンプル"を偶然目にする。躍動感溢れるブレイクダンスに衝撃を受け、思春期時代をダンスに身を投じる。 人気声優コンサートのバックダンサー、NBL所属チーム専属スーツアクター、ダンスインストラクター等で活動をする傍ら、神出鬼没の変態系コスプレダンサーとして数々のバトル、ショーイベントに参加してはお騒がせをしてきたレジェンド。 チャームポイントのTバックから具が出てしまうこともしばしば。

DJ YU-TA

DJ YU-TA 2014年DJデビューした、ハイパーウルトラスーパービギナー。 コミュ障を克服するため、パーティーピーポー達を見習うべくクラブ界に潜入。 DJプレイ中はνガンダムのコクピットの玉をイメージしているほどのガンダム好き。 ビギナーとは思えないマニアックかつメジャーな選曲センスで独自の世界観を作り、パーティーチューンでフロアをアゲる! プロデュース協力イベントの「WOTAKU KiLLER Tunes」のレギュラーDJでもある。

DJ イトカノ(TORETATE!UNIkureson)

DJ イトカノ (TORETATE!UNIkureson) 2012年ユニット結成。 おっさんレンタルとグラフィックデザイナーの織りなすカオスなユニット。 水◯日のカンパネラさんに月曜のイベントでDJを褒められたのに伸び悩みながらも、今回のイベントをプロデュースしている「WOTAKU KiLLER Tunes」にはゲスト出演3回。 ウニクレソンを食べる美食イベント「TORETATE!UNIKURESON」を主催中。 アグレッブでユーモアに溢れたパフォーマンスはDJ界の飛び道具!

DJ A×M

DJ A×M 大学生と高校生の兄弟ユニット。 幼い頃から音楽愛好家だった二人がEDM/DJに出会い、所属していた部活動を退部するほどの決意でユニット「A×M」として音楽活動をスタート。 兄がDJ、弟が楽曲制作をメインに行うが、現場では二人でブースに立ち、兄弟ならではの息の合ったプレイでフロアにグルーヴを生み出している。 DeepHouseやEDMのような4つ打ちからTrap、DubstepなどのBassmusicまでオールジャンルにプレイ。 アムステルダムのプロデューサーと、シカゴのアンダーグラウンドDJを足して2で割ったものを目標とする彼らの、今後のキャリアから目が離せない。

DJ OWTN a.k.a. Koki OTANI

DJ OWTN a.k.a. Koki OTANI 97年生、音楽家。オーケストラでのティンパニストとして、またドラマー・ベーシスト・ギタリスト、作曲家としても活動する。DJとしてはアイカツ!関連のパーティーに通ううちに感銘を受け2016年秋より活動を開始。soundcloud上でmix音源を発表するほか、在籍する大学の学園祭でプレイするなど発展途上ながらも精力的に経験を積む。リスナー・オーディエンスとしての経験を武器に自身の愛するアイカツ!の音楽と様々な楽曲を無慈悲に取り込み闇鍋の如くちりばめる。

VJ ScreenSaver

VJ ScreenSaver 今日もいろんなスクリーンをバキバキにセーブして、立派なスクリーンセーバーになれればと思います。 あ、フロアの向こうの方で、真顔の師匠が腕を組んでいますね。 多少控えめに言ってもこわい…たすけてください…たすけて…